守るべきマナーは?葬儀に生花を送る際に

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

葬儀に参列する際、故人に供える「供花(きょうか・くげ)」というものがあります。故人の霊を慰め弔意を示す目的で、遺族や親族、故人と親しかった方などから贈られる他、遠方で参列できない時や香典を辞退された場合に香典の代わりに贈られることもあります。また、会場を華やかに飾る意味合いもあり、担当者からオプションとして提案されるケースも多いです。
供花は必ず贈らなければならないという決まりはなく、あくまでも贈り物という位置づけですが、弔意をより表すという意味で非常に有効です。しかしながら、費用相場、手配方法、最適な花の種類などいくつか守るべきマナーもあります。せっかく故人を思って準備したのに、マナーを間違えご遺族に悪い印象を与えてしまったり、気を遣わせてしまうことのないよう、事前に理解しておくことが大切です。

一般的な供花の手配についてのマナー

供花を手配する際は、花屋または葬儀社に依頼するのが一般的です。友人一同や会社名義で贈る場合の他、故人に最も近い親族の方が取りまとめるケースもあるので、訃報を聞いたらまず一度周囲の方に連絡を取ってみるのがよいでしょう。
供花のマナーは宗教により異なるので、事前に開催される形式について遺族に確認しておくことが賢明です。仏式・神式の場合は菊・蘭・百合など白い花を贈るのが一般的と言われています。落ち着いた色合いのものであれば他の色の花を混ぜても問題ありませんが、あくまでも白い花をメインとし派手にならないよう気を付けましょう。また、生花を手配する場合は、白黒や黒のリボンあるいは水引をかけます。
キリスト教式の場合は、百合やカーネーションなどの花を選びます。さらにキリスト教式の供花では、名札を付けず自宅宛に贈るのがマナー。ほとんどは教会で行われるため、自宅から運び出しやすいように花を籠に入れて贈ります。ちなみにキリスト教式では供花として使われるのは生花だけです。

供花を手配するときに気をつけること

供花を贈る際は、必ずお通夜の前に会場に届くように日程を調整する必要があります。あまり早めに届けてしまうと「すでに準備をしていた」とご遺族に悪い印象を与えてしまうリスクがあるため、万が一何らかのルートで事前に耳にしていた場合でも、供花の準備を始めるのは訃報を受けてからで問題ありません。
そして最も気を付けるべきマナーが相場。平均的な相場は、15,000~20,000円と言われています。スタンド式は2つ分の一対で手配することが多いため価格が倍になりますが、籠やアレンジメントは比較的安価で手配することができます。供花の種類や価格はたくさんあり、地域によっても違いがあるため、葬儀を行う会社に相談して他の方々が選ばれるものと合わせて手配するのもよいでしょう。また、相場を大きく上回る供花は、ご遺族に気を遣わせてしまう恐れがあるため控えなければなりません。

梅田店の定休日は毎週火曜、木曜日、第1・3日曜日となります。池袋店は第1・3水曜日となります。 脱毛は、お顔、首、VIO、腕、足、お尻、胴周り、全身からお選びください。 美意識の高い男性におすすめの脱毛サロンです。 池袋店は各線池袋駅東口よりサンシャイン通りの入り口にあり、通いやすい好立地となっております。 Dione会員様のご紹介で、ALL MENU 20% OFFとなります。 葬儀の生花のことならこちらをご覧ください