喪主が決める葬儀の生花の並べ方

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

供花には生花と花輪の2種類ありますが生花は祭壇の左右に、花輪は式場内外に飾られます。故人との間柄によって並べ方が違うので喪主が並べ方を決めるのが基本です。故人の近親者から順番に祭壇の中央から並べますが、並べ方に迷う時は葬儀担当に尋ねましょう。後は葬儀屋と相談しながら左右を入れ替えたり隣同士を並べ変える等してバランスを整えます。
当日は葬式や食事の準備、葬式担当や住職との打ち合わせ等と平行して供花が次々届くので、喪主はとても忙しく慌しい状況になります。しかし供花を頂いた方々へのお礼は大切です。供花が届いたら送り状がついているので送り主の名前・住所などの連絡先は必ず控えましょう。参列できなかった人や参列できなかった人からの供花でなくても送り主へのお礼は大事です。

供花の価格や注文・正しい送り方

祭壇を多くの生花で飾る場合、今までは白を基調に菊を選ぶのが一般的でしたが、最近では故人が好きだった色の花なども飾るようになりました。お花の値段は供える方の気持ちですが、15000円から30000円位までが目安になります。種類も沢山ありますが、あまり種類が増えると祭壇に飾る時に全体のバランスが取りにくくなるので、他の人が選ぶ種類に合わせて注文するのが理想です。
注文方法は葬儀屋に直接申し込むか、花屋に頼む事も可能です。供花に挿すお札には送り主の名前を書き、連名の時は目上から目下の順番に右から左へ書きます。地方によっては供花は故人ではなく遺族に送るという考えですが、「喪主」という札を出して供花を送ることもできます。付き合いの度合いや予算に応じて、供花を出すかどうかを決めると良いでしょう。

故人へのお悔やみの気持ちを込めて

供花を贈るタイミングは、お通夜はその日の午前中までに、お葬式は前日までに供える必要があります。お花の準備と届ける時間を要するので届ける前日までに注文するとよいでしょう。葬式屋には白菊や樒(しきみ・緑の小高木)のほか果物の盛りかごなどの販売もしています。会場によっては他の花屋からの供花持込はできない場合もあるので気を付けましょう。
供花や供物を頂いた場合は、お礼状を添えてお返し品を贈りますが、香典も頂いた場合は香典と供花、供物の合計金額の半額から3分の1位の品を、香典返しとして法要の日を目安にお返しするのが一般的です。葬式で供花を届けることができなくても、後飾り祭壇一式(忌明法要までの間、位牌・遺骨などを安置する仮の祭壇)にお供えする花として自宅に届けることも可能です。その際は初七日から四十九日の間に届くようにするといいでしょう。