葬儀での生花の順番には決まりがあります

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

葬儀に参列して目にするものに名札のついた生花があります。これは故人を弔うための供物として葬儀場に飾られます。これについている名札は、個人の名前だったり会社名であったり様々です。供物には並べる順番があり、ついている名札は個人名が最初で次に法人名が来ます。生花の値段の高いものという意味合いのグレードもありますが、あまりそれは考えず個人名が先の方に来るのが通常です。
供物の基本は、親族が最優先に前に来て次に友人や知人、会社や他の団体などの札の順番になります。式を挙げるホールの大きさにもよりますが、供物の数が多いとホール内では並べきれずホールの外などに飾られることもあります。目立たなくて供物を出した方が確認できず、後でクレームになることもあるので注意しなければなりません。

個人名の名札の付いた供物の並べ方

葬儀場で供物の並べる順番は、個人名の付いたものが先にきます。供物には、灯篭や盛り篭、生花などたくさんの種類があります。名札の付いた花も供物の一種なので決まりに従って置く場所を決めなくてはなりません。個人名でも喪主が息子で故人が父親だとすれば、それに一番近い母親や子供たちが最優先で前に行きます。ホールの祭壇の両脇に花を置くスペースがあるので、親族は場合によっては祭壇の両脇などの一番前で一番目立つ場所に置くようにします。
友人や知人などの個人名は、親族の後ろになりますが、お世話になっている度合いや親しさなどで置く位置を決めます。ホールでは棺が祭壇の中央に置かれますが、一番棺の近くの最前列に置かれるのは喪主の出した喪主花です。次に親族、友人や知人という位置になります。

法人名の名札の付いた供物の並べ方

法人名の供物というのは、個人名の供物よりも後ろにきます。花も同様で個人名の後に来るのが法人名の札の付いた花ですが、同じ法人名でも決まりがあって、例えば喪主が現在も勤めている会社の名札の付いた花を前にもって来たり、身内が経営している会社の花を前に持ってきたりと、これも故人といかに親密な関係だったかによって、ホールに置かれる位置が決められます。
判断があいまいなものになりがちなのが、老人会とかお寺名、同級会などの名札の付いた供物です。これらは、大まかに法人名と同じに考えるのが一般的で、施主の意向に沿って前にしたり後ろにしたりして位置を決めていきます。法人名で、株式会社とか自営業とかの会社の規模や知名度などに関係なく、個人にどれだけかかわりがあるかで決めるのです。